パパ活の危ない体験談

パパ活の危ない体験談を語ります。パパ活にもいいことばかりではありません。男性と交際するわけですからどうしてもリスクが生じます。実際に女性にインタビューしてパパ活の危険性について聞いてみました。

あなたの年齢と名前

23歳で尚子(仮名)と言います。

パパ活をしていた時の年齢、職業、エリア

21歳~22歳の学生の間で、名古屋市内で行っていました。去年パパ活に疲れて辞めましたがお金もなくなってきたのでまた名古屋で始めようと思っています。

・パパ探しの使ったサイト名やどんなサービスで探すのか?具体的に

私はスマホのアプリを使っていました。

マリンチャット、ハッピーメール、Party chat、ひまトークなどで探しました。共通点は本名や顔写真を登録する必要がないこと、Facebookと連携していないこと、婚活アプリでないことです。

・パパ活での一月の最高人数と最高月収

最高人数は2人、最高月収は9万円です。

私は少ないほうだと思います。友達でもっとすごい人は月に何十万円も稼いでいました。

ですが9万円でも私にとっては本当にありがたかったです。

・パパ活をうまくするための方法

アプリ内での相手の写真やプロフィール、メッセージのやり取りで、自分とフィーリングが合うか、自分が求めているタイプかを見極めることです。

そこである程度候補を絞っておくとスムーズにいきます。

無理にいろんな人に手を広げる必要はありません。多分疲れてしまいます(笑)

・パパ活で危ない体験談(怖かったこと、大変だったこと、苦労したこと)

怖かったのは、カラオケボックスで二人きりになった時に、服の上からですが体を触られたことです。

部屋の隅に追い詰められて壁ドンもされました。そういう時は相手が激高しないようになだめることが大変でした。

断るときは絶対に突き放すようにしてはいけません。男性は怒らせると怖いので自分の意志は伝えつつも相手を尊重させなければなりません。

・パパ活をしてお金以外のメリット

人生の先輩なので悩み相談に乗ってくれるし、そうすることによって相手は頼られていると感じるのでお互い気分良くなれます。

パパ活してる人には少しばかり偏見もあったんですが実際に話していると楽しい人もいました。

こんなんでお金貰ってもいいの?と錯覚することもありました。また、男性を立てるということに少しは上手になったような気がします。

また、お金以外でも私を楽しませるようにリードしてくれたのはやっぱり嬉しかったです。

高いレストランに連れて行ってくれておいしい物やおいしいお酒も飲ませてくれました。ですがいつ体を狙われないか、本気で口説いてこないか等、心の中では常に警戒していました。

・こんなパパはやめとけ!

あまりにも容姿や話し方が自分の好みからかけ離れていたり、生理的に受け付けない人は、無理に笑顔を作らないといけなくなるので、結構精神的に疲れます。

普通の人からの会話は気にならなくても受け付けない人の会話はどこか気に障ってしまいます。

パパ活は場合によっては長い付き合いになる人もいます。長期的に付き合うなら一緒にいて楽しいまではいかなくても苦にならないパパを見つけるのをおすすめします。

贅沢なのはわかっていますがパパ活は水商売ではありません。パパもお客さんではないので多少は選んでいいと思います。

・キスや体の関係を求めてくるパパはいたか?具体的に

会話をしていて下ネタになると、ホテルに誘ってくる人はいました。また、パパの中には結婚していても夫婦生活がない人、独身で彼女がいない人、仕事が忙しくて暇がない人、日常で女性との関わりが極端に少ない人が多いので、そういうことを求めてくる人のほうが多いと思います。

・どんなパパだった?複数の人は共通点があれば。既婚者だった、金持ちだった、性格が○○だった、優しかった、面白かった、寂しい人が多かった、遊び人だった等

夫婦の関係が冷え切った既婚者、お金はあるけど彼女がいない独身、責任のある立場で仕事が忙しい人でした。

・家族、友達、彼氏など周りにバレなかったか?

全くバレませんでした。一人暮らしで彼氏がおらず、近くに友達が住んでいないことが理由だと思います。

最近は「私、パパ活してるんだー」とオープンにカミングアウトをしている人もけっこういます。ですが私は知られたくなかったので仲のいい友達にも言っていません。

友達から「私パパ活してるよ」と言われても知らんぷりしていました。どうしてもバレたくなかったからです。

家族にも全然バレませんでした。女性によっては太パパを見つけて車を買ってもらい家族から「どうして車が買えたんだ?」と心配された人もいるそうです。

大きな買い物をしたり、お金に余裕感を出すと家族なら気づかれるかもしれません。あくまでもパパのお金は生活の足し程度に考えたほうがいいかもしれません。

・パパ活をしようと思っている人へのアドバイス

アプリを使う場合は、複数のアプリにそれぞれ全く違う女性として登録するといいです。

それぞれのアプリには、顔も名前も同じ男性が、それも長期間いることがあります。そういう人は失敗を繰り返している人なのでお勧めしません。

また、相手と会話するときはキャバ嬢になったつもりで相手を喜ばせようとすると会話が弾むので、スムーズなやり取りができると思います。

パパ活をしている女性は今、とても増えています。あなたの周りでも実はやっている女性がたくさんいると思います。

大事なのは「パパ活選び」です。実際に会って話して自分の皮膚感覚で決めることが大事です。私のルックスはかわいいとは言えませんがそんな私でも選んでくれるパパはいます。

パパ活は意外と楽ではありません。変なパパに当たると揉めたりすることもあります。危険性ももちろんありますが全てのパパが危ないパパという訳でもありません。

なかにはとても素敵なパパもいます。

私はパパ活をして生活がホントに助かったのでやってもいいと思います。月末の支払いにおびえることはありません。就活の時もバイトをせずに就活に専念できました。

エントリーした複数の会社に対しても交通費を全く気にせず行けたことはありがたかったですし、おかげで内定も頂きました。

私はやってみてもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください