つなぎのバイトはこれが最強!治験+イベント派遣

つなぎのバイトはこれが最強!治験+イベント派遣ってことを伝えます。結論から言うと、イベント派遣やりながら治験も入ろうって話。それで年収300万円越えだってできるんだ。少し、怪しく感じるかもしれないが管理人の全て実体験で「こいつアホだなー(笑)」って感じで読んでってくれると嬉しい。

メリットとしてはバイトでもサラリーマン並みの年収がもらえる、スケジュールに融通のきく生活が送れる、この2つかな。

この記事はこんな人がおすすめ↓↓

・就活中につなぎの仕事がしたい
・フリーターや学生、主婦でも稼ぎたい
・少し副業したい
・クリスマス、正月、お盆は休みたい、
・テスト前や就活、繁忙期は働きたくない

それじゃあ、治験からいきなりいくぜ↓↓

まずは治験から


治験についてわからない方はこっちの記事を先に呼んで欲しい↓↓
治験は東京でも高額だった

治験で稼ぐ具体例から説明するんだけど、治験には休薬期間があるから年に頑張って3回ぐらいしか入れないわけよ。

休薬期間とは?

治験への参加を控えるべき期間です。
治験には、身体に負担をかける多くの要素(投薬、採血、各種検査など)があります。それらの影響が十分回復するのに必要と設けられている期間を休薬期間と呼びます。

休薬期間は治験の種類にもよりますが、3~4ヶ月間のものがほとんどです。

毎月ほいほい入れるもんじゃないから、もしあなたががっつり稼ぎたいなら必ず年に3回、30万円越えの治験に入るようにして欲しい。副業感覚の人は3~10万円の短期間の治験に入るのがおすすめ。

どのくらいの拘束期間になるかはこれから説明するね。

金額の高い治験ほど拘束期間が長くて2~3週間は入院しないといけないんだ。

5~6万円ぐらいなら2泊3日でいけるんだけどね。

具体例をみてくれ↓↓

~治験具体例~
===============
【参加基準】
・日本国籍の健康な20~35歳日本人男性
・BMI18.7~24.9
・入院期間中の禁酒を厳守できる方
・非喫煙者対象
・休薬期間4ヶ月
・3ヶ月以内の献血NG
・顔写真つき身分証必須

【実施施設】
東京都内の施設

~スケジュール~
【事前検診】
11/13(月)12:45集合

【入院12泊13日x2 通院1回】
12/01(金)~12/13(水)
12/17(日)~12/29(金)
【事後検査(通院)】
2018/1/5(金)

協力費(謝礼金)
総額405,000円(事前検診費込)
※内訳 事前検診5,000円 本試験400,000円

↑↑だいたいこんな感じ。見たらわかるように高額な治験だと月に20日以上拘束されるからコンビニや居酒屋、カラオケ等のバイトだと厳しいよね?

なぜならそういうバイトは「週に~日は入ってね」って言われないかい?他にも月に3日だけ入りたいって言ってもかなかなか許してくれないと思うんだ。

だから普通のバイトの人は、治験に入るとしても短期の治験になりがちなんだよね↓↓

短期治験の例
2泊3日
事前検診:12/11(月) 12:00
入院:12/16(土)~12/18(月)
◆謝礼金 約65,000円

これが後に説明するイベント派遣だったら月に0日でも大丈夫だし、逆に月に30日入ることもできる。他にも「急遽、明日空いちゃったから明日入ろ」って感じで入ることもできる。

イベント派遣については先にこちらの記事を読んでくれ↓↓
つなぎのイベント派遣は最強

イベント派遣のメリット

・スケジュールに融通が利く
・月に~日、週に~日入れという制約がない
・即日、明日にでも入れる
・比較的に楽、覚えることが少ない
・休憩が多い場合が多い。3時間とか
・本業と掛け持ちがしやすい

就活やテスト期間、デートやサークル活動等でもスケジュール調整ができるメリットは計り知れない。他のバイトや仕事と掛け持ちもできるしね。

管理人は治験以外の日は全てイベント派遣に入っていた。

なぜ派遣の中でもイベント派遣なの?


別にイベント派遣に限る必要はないんだけど、やっぱり楽で楽しかったんだ。管理人は昔、商品陳列、工場のライン作業、土方、引っ越し、転換、仕分け、いろんな派遣をやってきたんだけど地味にきつかったんだよね。

職人気質の怖いおじさんから怒鳴られたり、仕事自体も体力使うから夏場なんかヘトヘトだった。

「明日バイトかー。やだなー超憂鬱」

バイトでもこんな感覚になることが割と多かった。

けど、これがイベント派遣だと休憩も多いし、力作業もないし、怒鳴り散らすおっちゃんもいない。嫌だなー、きついなーってのはあまり感じなかった。

そして何より若い人ばかりで楽しかった。女の子もたくさんいるし←これ目当て

他にも弁当支給なところが多くてその弁当もすごく美味かった。

治験+イベント派遣は最強タッグ


鬼に金棒だよ。

肝心の収入だがどのぐらい稼げるの?て思うはず。

内訳の前に収入の具体例を見てくれ↓↓

年収例
1月イベント派遣7万円+治験(41万円)
2月20万円
3月20万円
4月20万円
5月20万円
6月7万円+治験(31万円)
7月20万円
8月20万円
9月20万円
10月20万円
11月6万円+治験(36万円)
12月20万円

年収308万円

収入の内訳なんだが、まずイベント派遣は月に21日程度入ると設定。

だいたい日給8000円~13000円ぐらいかな。とりあえず「9500円」としよう。

日給9500円×21日=199500円

約20万円ってことにさせて(+_+)

治験の方は休薬期間も考慮して年に3回入るとする。もちろん狙いは全部30万超えで。治験の月は20日以上拘束されるから、その月のイベント派遣は入れてもMAX10日ぐらいかな。稼ぎは6万~12万円程。

一月にもっと詰めて入ったらより稼げるけど、あえて設定は緩めにした。

しかも、この一例はイベント派遣の役職ST(スタッフ)で計算していてADやその上のDになるともっと稼げるんだ。

イベント派遣の役職
ST(スタッフ)
時給1000円(相場)

AD(アシスタントディレクター)
時給1500円(相場)

D(ディレクター)
時給2000円(相場)

だいたい30勤務ぐらいするとST⇒ADもできるようになる。早い人は2か月くらいかな。

Dはなるまでに半年以上かかるから1年以上やるつもりないなら目指さなくていい。

 

あとテレビ業界のADやDみたいにきつい世界じゃないから大丈夫だよ。

ADでも9時間労働で日給15000円ぐらいはもらえかな。

管理人はSTの頃でも7:00~22:00(15時間)長時間のシフトを狙っていたから15000円は稼いでいたけどね。

もし「イベント派遣AD+治験」なんかできたら最強だね。

更に稼ぐには?

結論から言うと治験中にインターネット副業をすれば稼げる。病院内はwifiもあるしね。

インターネットの仕事例
・アフィリエイト
・せどり
・クラウドワークスでライター
・アンケートモニター

治験の入院中って暇なのよ。ほとんどの人は、スマホでゲーム、漫画、ネットサーフィン、求人サイトのチェック、DVD鑑賞、資格勉強等をやっているんだよね。

管理人は治験中にインターネットの副業をやっている人と出会った。


「アフィリエイトやってるんですね」

相手
「月に15万円は稼いでるんだ」


「15万円!?ってことは今回の治験32万円+15万円=47万円ですか?」

相手
「そうだね。でも僕なんか稼げてない方だよ。月に30万円~100万円稼ぐ人もザラにいるんだ」


「!?」

その時、管理人は思った。治験中にパソコンでできる仕事があるならやった方がいいと。

まとめ

という訳でインターネット副業まではしなくていいけどしばらくつなぎで働かないとなーやりたいなーって人は「イベント派遣+治験」を参考にしてね。バイトにしては稼げるから。

治験・イベント派遣をもっと知りたい、興味はあるけど大丈夫なの?どこで募集しているの?いくらもらえるの?って方はこちらから↓↓

つなぎのイベント派遣は最強。女子大生とも出会える
治験は稼げる。でも副作用が…

これを読んだあなたは年収300万円は稼げるってのはわかったと思います。

ただ、人間っていくら稼いでもお金が貯まんないんですよね。月に18万円稼いでも15万円は使うし、月に50万円稼いでも45万円は使っちゃいます。月に100万円稼いでも90万円は使っちゃうんですよ。

何故なら収入と支出は比例するからです。テレビで売れっ子の芸能人でも今月ヤバイ、借金がって人がいますよね。

でもこれは人として正常なんですよ。普通なことなんです。管理人はあえてこうならないように収入と支出を反比例させることを心がけています。つまり節約生活ですね。

あなたも1ヵ月10万円で生活しませんか?

【関連記事】

そもそも人生の4大コストって知ってる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください